はじめまして

2018/05/01

 

はじめまして。

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

キャリア&パートナーシップコーチ の林 友香(はやし ゆか)と申します。

(保有資格:TCS認定プロフェッショナルコーチ・MCS認定マザーズティーチャー)

 

 
 
あなたはこんな風に感じていませんか?
 
 
・私のキャリアプランこのままでいいのかな…
 
・部下のマネジメント・後輩の育成に悩んでいる
 
・もっと仕事で評価されたい
 
・会社に依存せず、自分で稼げる力を身につけておきたい
 
・信頼されるリーダーシップ力を身に付けたい
 
 
 
 
自分のやりがい、働きがいはなんなのか、人生をどんな風に進めていけばいいのかと悩む方は多いのではないでしょうか。
 
私もそんなひとりでした。
 
 
 
「コーチング」ってどんなスキルでしょうか?
 
 
コーチングはコミュニケーションのスキルであり、自分や相手を成長させ、意識を変えたり行動を加速させるサポートができます。
 
もちろん、自分自身の成長を加速させることも。
 
 
 
コーチングは現代に生きる私たちにとって必須のスキル。

いきたい未来に向かうあなたをサポートします。

 

********************

 

私は18年間、美容業界で会社員として働いておりました。

 

その会社員生活の半分以上は店長、責任者、リーダーという名の中間管理職という立場におりました。

 

部下のマネジメントや部下育成の難しさに直面し、自問自答する毎日。

 

リーダーの仕事って、これでいいんだろうか?

 

みんなちゃんと私についてきてくれているのかな・・

 

仕事のやりがいってこういうことなの?

 

私の人生はこのままでいいの・・?

 

 

悶々としながらも、朝から晩までのハードスケジュールに奮闘する日々を送っていました。

 

 

 

"コーチング"に出会ったのはそんな頃。

仕事、対人関係、部下育成、新人教育、自己実現、・・

 

深夜の日課のようになっていたネットサーフィンで、たまたま目にした"コーチング"の文字。

 

【優秀な管理職になれるかどうかのカギは「部下」とのコミュニケーションにある】

【部下育成にコーチングは最も有効な手段である】とありました。

 

そしてコーチングは目標達成の手段だと。
 
 

 

私は自分のコミュニケーション力に自信がなかったわけではありません。

 

ずっと人と関わる仕事をしてきたので、 “コミュニケーション力は私の強み” だと思って生きてきました。

 

 

ですが、なにげなく交わすコミュニケーションと、

得たい成果を意識して、目的を持って交わすコミュニケーションは全く別物です。

 

 

『部下育成やマネジメントにコーチングを活かしたい』

『私自身の視点を増やすことで、私らしい自己実現ができる生き方が見つかるかもしれない』

 

 

そう思った私は、数あるコーチングスクールの中で実践的な内容を短期間で学べる

“トラストコーチングスクール” でコーチングを学び実践を積みました。

 

 

コーチングを部下や上司との関わりに取り入れていく中で、相手の反応が変わっていくのが分かりました。

それは職場はもちろんプライベートの人間関係でも。

 

会社員として働きながら、コーチとして活動する中で

コーチとしての活動が、自分の視点を増やし広げてくれて、

会社員としての自分のスキルと評価が自然とあがっていきました。

 

職場の対人関係、チームワーク力の高まり、それが数字や結果にも反映されコーチングの効果を肌で実感していた頃、

 

大好きな父が急死しました。

 

 

生前父が遺してくれた、『人生は一度きり、悔いなく生きなさい』という言葉。

 

 

『誰にでも、いつか必ず来る人生最後の日。

もしかしたら今日がその日かもしれない。

いつその日が来ても悔いのないよう、今を精一杯自分らしく生きよう』

 

 

幾度となく考えた事のある言葉。

生まれて初めて私もそんな風に生きたいと思いました。

 

 

【私はコーチングの力をもっと届けたい。一人でも多くの人へ】

 

その日からプロのコーチになると決め、会社員をしながらコーチとしての実践を重ね、

TCS認定プロフェッショナルコーチの資格を取得し独立しました。

 

コーチングは達成したい目標やゴールへ向かう自分自身を変化させる力。

 

 

『あなたが実現したい未来は何ですか?』